植竹中学校

植竹中学校教育方針


学校教育目標
  「ひと」とともに生きる生徒の育成
《具体目標》
確かな考え 深い思いやり 高い意欲
目指す生徒像
・学習規律が確立している生徒
・基礎学力を身につけている生徒
・考える力や判断力のある生徒
・表現力(話す力、伝える力)のある生徒
・ひとを思いやる心を持って発言や行動できる生徒
・ルールを守り礼儀正しい生徒
・友達の健康や安全にも気配りできる生徒
・感動や感激する細やかな心を持つ生徒
・あいさつや返事がしっかりできる生徒
・夢や希望の実現に向けて頑張る生徒
・整理・整頓ができ美化に努める生徒
・進んで体力づくりに努める生徒

学校経営方針
目指す学校像
○楽しく学び 心を耕し 夢と希望のあふれる学校
○家庭・地域から信頼され、安全で安心な学校
  1. わかる・わかりあう・わかろうとする・できるようになる授業実践に努める。
  2. 一人ひとりを大切にし、豊かな心の育成と実践力の向上に努める。
  3. 教職員の協力体制の確立と専門職としての指導力の向上に努める。
  4. 校舎も心も磨く美化活動により、明るく落ち着いた環境づくりに努める。
  5. 地域に根ざし、ともに生きる学校づくりを推進する。

本年度の重点と努力点
( )〜重点、・〜努力点
(1)基礎的・基本的事項の定着を目指し、「わかる」を積み重ねる授業展開
  • 授業時数の確保に努め、全教科における、学習指導要領を踏まえた「わかる」授業の実践
  • 少人数指導、習熟度別指導、繰り返し指導など、個に応じた指導方法の工夫
  • チャイム着席、授業中の姿勢、発言の仕方など授業規律の確立とシラバスの活用
(2)人としての生き方・在り方指導を通じて、心豊かな学校生活の実現
  • 一人ひとりを大切にした教育活動を推進し、生徒の自己肯定感を高める           
  • 思いやりの心、互いに協力する心の育成                    
  • 差別や偏見を許さない、いじめ・暴力のない明るい集団づくり
  • 道徳、特別活動、読書活動及び体験活動による豊かな情緒の育成
  • いたわりの心と支え合って生きる態度をはぐくむ交流教育の推進
(3)常に問題意識を持ち、課題解決に向かう教職員の協力体制の確立
  • 校務分掌組織の一人一チーフ制による責任の明確化
  • 専門性を高めるため、授業実践を磨き合う校内研修や個人研修の推進 ※道徳教育
  • 生徒の自己実現を目指し、信頼関係に立つ生徒指導推進のための研修の充実           
  • 学校いじめ防止基本方針に基づく組織的で迅速な対応           
  • 「報告・連絡・相談・確認」の機能の充実と報告文書等の起案の徹底
(4)安全・安心できれいな環境づくり
  • 児童生徒心のサポート手引き(緊急・いじめ・欠席児童生徒)を活用し、緊急度に応じた迅速な対応
  • 危機管理対応マニュアルに基づいた実践的な研修の実施           
  • 緊急時における組織的な対応の徹底と避難訓練・防災活動の充実 ※竜巻
  • 効率的でゆきとどいた清掃活動の徹底および掲示教育の推進
  • 定期・随時の安全点検と迅速な事後措置・営繕活動         
  • 花いっぱい運動の実施
(5)家庭、地域から期待され、信頼される開かれた特色ある学校づくり
  • 地域コーディネーターを中核としたネットワークを充実し、地域の学習環境や地域講師の活用等、地域の教育資源の活用  ※土曜チャレンジルーム         
  • 地域におけるボランティア活動の推進
  • 保護者会並びに学期1回の学校公開日の充実
  • 学校評議員制度・学校関係者評価委員制度の充実と学校評価システムの確立及びその活用
  • 希望あふれる学校づくり推進 ※教職員事故防止、倫理確立、ハラスメント防止、個人情報の管理の徹底を図り、服務規律を確立し互いに気持ちよく仕事に励める職場環境づくり