植竹中学校コンピュータ利用について

....さいたま市立植竹中学校では、主に技術・家庭科の授業や総合的な学習の時間でコンピュータを使います。以下のような、約束事を守り利用することが必要になります。ネットワーク上で他人を誹謗中傷したり、さげすむような発言などの行為は絶対にいけません。内容は、国内にとどまらず、全世界に伝送される可能性があることに留意し、植竹中生としての品位を損なわなように心掛けなければなりません。ネットワーク利用に際しては、利用上のガイドラインに従って下さい。当然のことながらご家庭でも同様な管理をお願いします。

ネットワーク利用上のガイドライン

  1. 利用時間、利用期間

      原則として昼休み、放課後の使用は認めません。授業と関連した利用については情報教育主任の指導の下でこれ以外(放課後・日・祝日・長期休業中)の利用も認める場合もあります。
  2.  
  3. アカウントおよびパスワードの発行

        生徒用のアカウントは、ネットワーク管理責任者が定めたものを利用します。どうしても変更を希望するものは、その理由とともに管理責任者に申し出てください。パスワードは本人であることを確認するための極めて重要な鍵です。各自が厳重に管理し、絶対に他人に教えてはいけません。また、他人のパスワードを知ろうとしてもいけません。初期パスワードは管理者によって定めます。
  4.  
  5. 禁止される行為

      植竹中学校では生徒、関係者の個人情報保護に努めるために、以下の行為を禁止します。これらの行為は処分の対象となります。

    1. 公序良俗、法令に違反する行為を目的とした利用。
    2. 犯罪的行為に結びつく行為。
    3. 他人の知的所有権や著作権を侵害する行為。
    4. 他人の財産・プライバシーを侵害する行為。
    5. 他人に不利益を与える行為。
    6. 他人を誹謗中傷する行為。
    7. 植竹中学校ネットワーク管理業務を妨げる行為。
    8. chain mail 等のインターネットシステムの破壊行為。
    9. 他人のアカウントでネットワークの利用禁止。
    10. 違法・有害コンテンツへのアクセスは自主的に回避すること。
      (植竹中学校ではフィルタリングされています)
    11. 有料データベースの利用禁止、オンラインショッピングの利用禁止。
    12. 植竹中学校の職員の指導に従わない行為。

  6. 利用の停止、アカウントの抹消

    利用規定に違反した場合、校長、教頭、情報教育主任、生徒指導主任で扱いを検討し、全職員と保護者に共通理解を図った上で、次のような処分を行うことがでる。

    1. 懲戒によって注意を促す。
    2. 一定の期間ネットワーク利用を停止する。
    3. アカウントを抹消し、以後のネットワーク利用

  7. 自分自身の安全のために

    家庭(自宅)・学校(コンピュータ室)でネットニュース、E-Mail、Webページなどに、自宅住所、自宅電話番号を書いてはいけません。個人が特定できる情報を発信してはなりません。ネットワーク上でトラブルが生じた場合には直ちに保護者と教員に連絡すること。

  8. ネットワークの安定した運用のために

    ネットワークにつながったコンピュータは、自分だけが利用するものではありません。システムやアプリケーションそのもの の設定を変更して他の人に迷惑をかけてはいけません。ネットワークにつながったコンピュータの電源を切るときは、必ず使用していたアプリケーションソフトとシステムを終了させてから電源を切るようにします。操作中に異常や問題が生じたときにもすぐに電源を切ったり、リセットボタンを押したりせず、担当の先生に連絡して下さい。サーバーはネットワークの基幹部分です。 生徒は使用できません。